骨再生医療EMATと
従来の治療法との違い
非抜歯の成果

NHKワールド取材International Association for Dental Research (Barcelona 、 ESP )EMATの講演風景セミナー

骨再生医療EMATと従来の治療法との違い、非抜歯の
成果

根の先に炎症が起きている場合、根の中を治療することにより治癒を期待します。

しかし、通常の根の治療を十分に施したにも関わらず、症状の改善を示さない場合があります。その原因として、通常の治療では除去できない細菌が存在することや、それらの細菌の集まりが、根の外に存在することが考えられています。その結果、根の周りの骨が大きく溶かされてしまいます。
この難治性の症例に対して有効なのが、「骨再生医療EMAT」です。電磁波のもつ殺菌作用ならびに骨を形成する骨芽細胞を活性化することにより、根の周りの組織の治癒を促進することで、早期に病変を縮小させる事が可能になったのです。


骨再生医療EMATのフローチャート
治療時間は、1時間程度という短時間で終了し、術後は、温熱感が数時間残る程度で、疼痛等の不快症状もほとんど認められておりません。そして、1週間くらいで歯の揺れも治まり、3ヶ月程で溶かされた骨が元の状態に戻ってきます。
骨再生医療EMATの治療の流れ

今まで残すことを諦めていた歯でも、「骨再生医療EMAT」により早期に治癒を望める可能性がでてきたのです。
つまり歯を抜かなくても良いかもしれないのです。一本でも多く歯を残すことで、美味しく食事が出来るのであれば、なにより素晴らしいことですね。