骨再生医療EMATの原理



骨再生医療EMATコラム 骨再生医療EMATの原理

これまでの経験から、「抜く前に、電磁波で殺菌してみよう!」そう思うようになりました。
歯根の周囲の骨は、細菌をある一定量まで減らさないと、決して自然に治ってくることはありません。まして、高齢者や体力を落としている方、免疫力の落ちるような全身疾患を患われている方はなおさらです。

「自分のしてもらいたい治療を、患者さんにする!」
それが、開業前からの私の信念でした。
「抜かない・削らない」
歯はなくなってしまうと髪の毛や爪とは異なり、二度と生えてはきません。

「天然のままが一番いいのです」

私は、この治療方法を「非抜歯骨再生療法」、「Electric-Magnetic Apical Treatment(略してEMAT)」と名付けました。
それからは、歯根を支える骨が1cm程度溶けている症例は全て電磁波で殺菌を行い、しっかりとパッキングしました。EMAT(非抜歯骨再生療法)を本格的に行いはじめて3年間、幸い全症例とも抜かずに残すことができ、患者さんと一緒に喜びを感じることができました。

2007年4月からは、EMATの原理を解明すべく、母校の徳島大学大学院バイオヘルス研究部(松尾敬志教授)に社会人大学院生として入学しました。大学生時代1年後輩だった湯本浩通先生に指導を受けながら研究を行うようになりました。研究が進むようになり、予想通り細菌は電磁波を通電することによって大幅に減少し、しかもそれが数秒当てるだけでよいことが分かりました。

2008年4月、画期的な発見がありました。何と、電磁波によって骨を作る細胞(骨芽細胞)が増えているのです。つまり、人体を攻撃する細菌を減らして、溶かされた骨を元通り治そうとするメカニズムが解明されたのです。

「これなら、今まで外科処置しかなかった歯を救うことができる」
「天然のまま、歯根を残すことができる」 「抜かなくても済むようになる」 色々な思いが頭を駆け巡りました。

これを、世界中の歯科医師に伝えよう!
歯科業界の最先端はアメリカにある。
2009年4月30日、アメリカ フロリダ州オーランドで開催された「2009 American Associate of Endodontists Annual Session」において、「The effect of Electro-Magnetic on bacterial viability and Osteoblastic cell proliferation(電磁波の細菌・骨芽細胞に対する影響)」を発表することにしました。(図23)


図23 学会発表(アメリカ:オーランドにて)

今までになかった新治療方法をアメリカはどんな風にうけとめてくれるのか?どんな評価があるのか?
当院のクルー全員の心のこもった寄せ書きをもって、色んなおもいで渡米しました。

世界各国から来ている歯内療法専門医、歯科医療メーカー、ディーラーさんなどから、多々の質問を受け、色々な意見交換ができた4日間を初夏の気候のもとですごすことができました。


図24 骨再生医療EMATパンフレット

人体を破壊する細菌を減少させて、溶かされてた骨を元の状態に回復させる電磁波・・・EMAT(非抜歯骨再生療法)!(図24)

現在、その機序にはまだまだ不明な点も多く、徳島大学において研究中ですが、これが根管治療だけではなく、歯周病菌に効果があることは既に実証されています。(図25)

今後、日本人のほぼ80%がかかっているという歯周病が治るようになれば、歯を抜かなければならなくなることも減り、入歯(義歯)やインプラントなどの人工物に頼ることも少なくなってくると思われます。



図25 EMATによる歯周病菌への殺菌効果


研究は、まだ始まったばかりです。
ただ電気という「自然の恩恵」を我々歯科医師がもっと利用して、これからの高齢化社会に向かっていく時代に、1日でも長くご自身の歯で食べ物をしっかり噛みしめてもらいたい… そう願ってます。

歯科医師になれたこと、
歯科医師にしてくれた両親に感謝しつつ校了

2009年7月10日
医療法人とみなが歯科医院  富永 俊彦


前のページへ 「5.外科的療法について」